引越し合わないね
ホーム > 注目 > 良い歯ブラシだとすべてが変わる!?

良い歯ブラシだとすべてが変わる!?

歯ブラシを使って歯を磨くというのは当たり前のことですが、その使う歯ブラシに対して気を使ったりはしていますか?

 

歯ブラシの種類にもいろいろあって、やはり高級な歯ブラシはそれだけ汚れが落ちやすかったりといったようなことがあるのです。

 

ころころ歯ブラシの回転型歯ブラシなんて価格はかなり高いのですが、その分の特別な効果があるということで大人気になっているんですね。

化粧の欠点:昼にはメイク直しをしないと見苦しくなる。メイク落としをして素顔に戻った時に感じる落胆。費用が嵩む。メイク無しでは人に会えないというある種の強迫観念。

現代を生きる私達は、毎日体内に溜まり続けるという凶悪な毒を、色んなデトックス法を試して追いやり、どうにかして健康体を手に入れようと皆必死になっている。

現代社会を生きていく身の上では、ヒトの体内には体に悪影響をもたらす化学物質が溜まり、その上私たちの体の中でもフリーラジカルなどが次々と生成されていると報じられているらしい。

健康な身体にもみられる浮腫だが、これは当たり前のこと。殊に女性は、ふくらはぎの浮腫を防ごうとするようだが、二足歩行の人間であれば、下半身の浮腫はいたしかたのない状態である。

多くの人々が「デトックス」に惹かれる理由の一つとして挙げられるのは、我々日本人が暮らしている環境の汚染だろう。大気や土壌は汚染され、食材には化学肥料や害虫予防の農薬がたくさん含まれていると宣伝されているのだから無理もない。

 

日本の医学界全体がクオリティ・オブ・ライフ(QOL=生活の質)を大切に捉える流れにあり、製造業に代表される市場経済の爛熟と医療市場の急速な拡充により、美容外科(Cosmetic Surgery)はここ2~3年人気のある医療分野のひとつである。

たとえば…あなたは今この瞬間、PCを見ながら頬杖をついていたりしませんか?この体勢は手の平の力を思いっきりほっぺたに当てて、お肌に対して負荷をかけることになります。

医学界全般がクオリティ・オブ・ライフ(生活の質)を重視する傾向にあり、物づくりに代表される日本経済の完成と医療市場の拡大もあって、外見を自分好みに変化させられる美容外科(Cosmetic Surgery)はここ2~3年一気に注目されはじめた医療分野だと言われている。

美容とは、顔の化粧や結髪、服飾などを利用し外見を更にきれいに見せるために形づくることを言う。意外な事に江戸時代には化粧(けわい)と同じように使用されていたという記録が残っている。

「デトックス」法には危険性や問題は本当に無いのだろうか。第一、体の中に溜まるとされている「毒」というのは一体どんな物質で、その毒とやらは果たして「デトックス」で流せるのだろうか?

 

その上に日々のストレスで、メンタルな部分にまで毒物は山ほど積み重なり、同時に体の不調も招いてしまう。こうした「心身ともに毒まみれ」というような意識こそが、多くの人々をデトックスへと駆り立ててやまない。

洗顔料を使ってさっぱりと汚れを洗い流しましょう。洗顔石けんは肌に合ったものを使います。自分の肌に合っているようなら、安い石けんでもOKだし、固形の洗顔せっけんでも良いです。

本来、健康なお肌のターンオーバー(新陳代謝)は4週間毎のサイクルになっており、1日毎に新しい細胞が作られ、1日毎に剥落しているのです。これらの「日々の生まれ変わり」によって人の肌は若々しい状態を保ち続けています。

肌細胞の分裂を促進し、皮ふを再生する成長ホルモンは日中の仕事などの活動中はほとんど分泌されず、夜になってからゆったり身体を休め寛いでいる状態で分泌されると考えられています。

メイクアップのメリット:容姿が美しくなる。メイクもたしなみのひとつ。実際の歳より年上に映る(あくまで24才以下に限ります)。自分自身の印象を好きなように変化させることができる。